生駒&博多の出会いがぐるぐる〜

周りめく生駒&博多の世界

生駒の出会いを検討すること

生駒の出会いが真ん中2のあたりで見た「探偵物語」を検討することは50以上であり、それは完全に異なるでしょう。
あの頃、漠然とした東京と大人の世界、今ではそれは現実の、現実のものです。

生駒の出会いはやや不格好ですが、絵の作成は丁寧で、松田泰太氏はゲームによく使われています。
当時のドラマには、世界に対する正しい見方があったようです。

当時のドラマは、音楽はきちんとやっています。

生駒の驚くべき”出会いスポット”をご紹介


SHOGUNはOPテーマ、EDテーマを歌っていましたが、劇中のサウンドトラックも
私が担当しました。
それはもともとスタジオミュージシャンによって結成されたバンドです、
みんな、腕は確かです。

私は真ん中2でそうそう、私の両親の家で生駒の出会い LP。
当時は英語の歌詞だったので、どうすればいいのかわかりませんでした、
今、私はそれを理解しました。
その歌詞の内容は、工藤敏文の歌唱の内容でもあります。
特に生駒の出会いの「孤独な男」は最終回を見ると刺される歌詞です。

水谷豊、中尾明など、各話のゲスト俳優も登場。
あの頃は、みんな若かったです。郷愁に浸ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です