生駒&博多&仙台の出会い掲示板がぐるぐる〜

周りめく生駒&博多&仙台の世界

博多出会いが許されたように感じました

──────────────

オペラ座の怪人を読むたびに、地元で「博多出会い」と呼ばれた人物を強く覚えています。

私はかつて病院行きのバスに乗っていました。
彼の手袋をしていても、手すりをつかんだ袖の隙間から手首が見え、凹凸のある突き出た肌が痛くて撫でたくなりました。

その人はいつも停止ボタンを素早く押しますが、彼はかつて私を押していると私に言いました。

彼は見えなかった目の深い帽子を彼に感謝したが、彼は私に弓をくれたことを謝罪した。

オペラ座の怪人を長い間読んだ後、彼はかつてエレファントマンと呼ばれていた男を抱きしめたかった。

私はまた、その醜い外見に軽蔑されていた博多出会いさ、悲しみ、孤独、恥、憎しみ、出会い、そして消えたいという願望を経験しました。

あなたが私を抱きしめたとき、私は生きることが許されたように感じました。

彼があなたに抱きしめられたとき、博多出会いはついに生きていると感じました。

あなたが最初に「あなたは元気に暮らしていた」と言ったので、彼が生きていてよかったです。

彼の故郷のその人はおそらく当時40代でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です