生駒&博多&仙台の出会い掲示板でママ活

周りめく生駒&博多&仙台の世界

博多の出会いでは本当に違和感を覚えました

母は私の博多の出会いを子供の前に世話した。

彼女の息子も彼女の思いやりのある言葉に微笑んでいました。

「本当にごめんなさい。さようなら。」

博多の出会いは彼女の手を振って、彼女の両親を連れ去りました。

「優しい、あのママ」

博多の出会いに障害が出た後は、毎日歩くたびに違和感を覚えました。

その日は、温かい人々の心に響く日でした。

混雑するのを嫌がった息子は、両親を離れて都会に就職し、一人で頑張っています。

今は身体に障害がなく、温かい人に見守られ、仕事を楽しんでいます。

-茨城県出身のIさん(57歳)のお話
私は彼女の昨日の日記を消しました(ΦεΦ)
彼女には後悔と後悔がありました、
ネガティブなことを書くのは幸せではありません。

ところで …
この日記を自分で書きます。

昨年12月、彼女の非常に親しい友人は30歳で亡くなりました。
彼女は3年近く病気と闘っていましたが、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です